ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

2018年11月のKindle月替わりセールで気になった本

スポンサーリンク

毎月行われるKindle月替わりセールを楽しみにしています。
2018年10月は、最終日に1冊購入しました。

2018年11月のKindle月替わりセールの対象をチェックして気になった本は以下の17冊です。


いつもわかりやすい内容で書かれているので、今回もわかりやすく整理術を書かれていると期待します。


高校生で学びましたが、途中からは情報処理に感心があり、あやふやな知識しかないので、改めて知るために読んでみたいです。


古事記を読んだことが無いので、一度読んでみるためにマンガは有効な手段だと思います。


これまでに読んだ著者の本では、僕自身にはない視点があり、同様にこの本でも新たな視点を得られるのではないかと期待します。


プスカシュを全く知らず、アンネ・フランクも読んでことがないので読見たいです。


鍛えたいわけではありませんが、やせ型から普通の体型になるための方法が書かれていないかと期待しています。


孫子の兵法についてはマンガで説明した本を読みましたが、マンガではない説明で新たな気づきが得られるのではないかと読んでみたいです。


姿勢が悪いのを改善するために読みたいです。


いつかやってくる実家の片づけの心構えをするために読んでおきたいです。


生活習慣を変えず、なぜ深い眠りを手に入れられるのか気になります。


子育てに関する本は気になります。


嫌われ者が出世ということに疑問があるので、解決するために読んでみたいです。


手帳を来年は止めようと思っていたところだったので、読んで改めて手帳を止めるのか判断したいです。


「抜群力」が具体的にどのようなものなのか知りたいです。


部下がいる身として学ぶために読んでみたいです。


著者は経営者ですが、どのような人物なのか、ニュース等で見たりした記憶があまりないので興味があります。


説明が下手と認識しているので、上手くなるために読んでみたいです。


この中で一番気になっているのは、「これからの政治をゼロから考えよう おだやかに民主主義を取り戻すための5つの論点 」です。
新たな視点を得るために読みたいです。
99円で手に入る本は他も読みたいので、何冊か購入するかもしれません。