ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

キリが判断しにくい仕事

スポンサーリンク

そのために帰るのが遅くなりました。
f:id:AJYA:20150305054824j:plain
photo credit: Weary Business Traveler via photopin (license)

データの受付はしんどい

あるデータの受付をシステムで行っていますが、正常に登録できる方とできない方がいます。
システムは他社が作っていて、運用も他社が行っていますが、サポートだけ委託されました。

正常に登録できない方のデータを見ると、手順が正しくない方もいます。
手順が正しくても、システムが正常に処理できない場合があります。

正常に登録できない場合は、登録する方では対処しきれないことが多いので、サポートで対応しています。

締め切り直前対応

昨夜はサポートのメンバー全員で22時半過ぎまで対応していました。
締め切り直前で、登録される方が多くなるからです。
夏休みの宿題をギリギリ仕上げるのと一緒ですね。

朝からずっとあれこれ対応していて、21時くらいには切り上げたいと思っていましたが、なかなか踏ん切りがつけられませんでした。
正常に登録できなくても何度も試す方しかいなくて、様子見をするしかなさそうと判断できた時点で、切り上げました。
最後に対応した方への対応を行うことを、もっと早く着手の判断できていれば、15分でも早く帰ることができたと思います。


対応し始めるとキリがないので、どこで着手の判断をするのか難しいです。