ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

80番ポート443番ポートを使うアプリのためにアプリケーションがインストールできない現象が発生

スポンサーリンク

以前も経験した、Skypeが使用していたためでした。
f:id:AJYA:20140617052020j:plain
photo credit: Patrick Haney via photopin cc

現象

VMware vCenter Converter StandaloneというアプリケーションをWindows 8.1にインストールしようとすると、80番ポートと443番ポートを使うと表示されました。
f:id:AJYA:20140617052231p:plain
Apache等のサービスをWebサーバーをインストールしてはいなかったし、インストールするときにはサービス止めればいいかと思ってインストールを続行すると、ポートが既に使われていてインストールできないと表示されます。

調査

Webサーバーを動かしているわけでもなく、どのアプリケーションが80番ポートと443番ポートを使っているのかさっぱり思いつきません。
調べるために、コマンドプロントを開いて

netstat -abn

を入力して、結果を確認しました。

f:id:AJYA:20140617052918p:plain
80番ポートと443番ポートを見ると、Skypeが使っていました。
そんな設定した覚えがないけれどと思って検索すると、初期設定のままでは80番ポートと443番ポートを利用されてしまうようです。

Skypeの[ツール]-[設定]を選んで設定を確認します。
f:id:AJYA:20140617053712p:plain
f:id:AJYA:20140617053738p:plain
80番ポートと443番ポートを使う設定になっていたので、チェックを外してSkypeを起動しなおした後に再度ポートの利用状況を家訓すると、
f:id:AJYA:20140617053928p:plain
使われなくなりました。

初期設定で使うのは、止めて欲しいですね。
後日このblogを"Skype"のキーワードで検索したら、以前も同じ現象で対処していました。すっかり忘れていました。
Skypeを使っていて、驚いたこと - ソフトウェア開発者の日常