ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

好きなことだけして食っていけたら理想だとは思うけれど

スポンサーリンク

この記事を読んで思ったことです。
「好きなことだけして食っていく」ことはできない | シゴタノ!


僕が今の職業に転職したのは、

  • 高校生のときにプログラマになりたいと思っていたけれど、自分より実力がある人がいて勝てないので、プログラマとしては食っていけないだろうという判断をして、前の会社に入社
  • たまたまきっかけがあり、以前のプログラマになりたいという思いを持ったまま仕事をし続けると、人生を振り返ったときに後悔することになりそうだという思いから、社内で転部先を探してみたけれどなかったので、今の会社に転職

という流れがあります。

今はやりたい仕事であるプログラマをしていて、好きなことを仕事にしていると言えるかもしれません。
でも、好きなことだけを仕事にしているわけではないですね。
役職がついて、人員の管理や売上の管理をしていますが、管理業務はやりたい仕事ではなく、好きなことでもありません。
また、プログラミングが得意だったわけではありません。
転職前にJavaScriptを覚えようとして本を買って試してみましたが、全然習得できませんでした。
転職後も、最初のうちは全然プログラミングの基礎がわからず苦労し、周りにも迷惑をかけていました。
得意でもなかったプログラミングで、給料もらって生活していけているのは、習得して結果が出せるようになったからですね。

高校生のときのプログラマになりたいという思いから転職して、今現在もプログラマをしていますが、プログラミングが好きなことだったのかと改めて考えると、どうなんだろうと思います。
本当に僕の好きなことは、好きな作家の小説を読んで過ごすことだと思うようになってきました。