ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

仕事の後の充実感について考えてみました

スポンサーリンク

帰りの電車の中で、おとといは全然仕事ダメだったなという思いでした。

昨日は一転して、充実して仕事ができたなという思いでした。

 

この2日間を比較して違う点は、

  • 昨日:朝予定したタスクを、到達度合いは別にして処理することができていて、割り込みも上手くさばくことができている。
  • おととい:割り込みが多くて、予定したタスクとは異なるタスクばかり処理していた。

ということがあります。

 

割り込みはある程度予想していて、まとめて処理できるもの(例:緊急ではないメールの返信)は、まとめて処理するようにしています。

予想していることなので、ダメだったなという思いにはつながりません。

 

まとまった時間を確保して処理(先日のエントリのような内容やトラブル対応)しなければならず、予定していたタスクが処理できないことが多くなると、ダメだったなという思いにつながってきます。

 

割り込みにも対処できる余裕を持って仕事のタスクを処理できれば、毎日充実していたと思えるのでしょうが、現状は余裕は最小限に見積って仕事のタスクを処理していかないと、仕事がどんどんたまっていってしまう状態です。

余裕を持てるようなにかできないか、現在探しています。