ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

手順がわかっていても苦手な作業

スポンサーリンク

何度作業しても、以下の一連の作業に慣れません。

  1. システムの設定変更前/変更後の画面キャプチャを取得する。
  2. Excelで作成したテンプレートに、画面キャプチャを貼り付ける。
  3. Excelファイルを印刷する。
  4. 作業内容等を手書きする。
  5. 4.で手書きした紙を、スキャナで読んでPDF化する。

一見簡単なんですが、昨日失敗したのは、

  • 1.での画面キャプチャ時に、Windowsデスクトップ全体をキャプチャして、時計が含まれていないといけない規定を忘れて、アプリケーションのウィンドウだけキャプチャしていました。
    設定変更前の画面キャプチャの段階で気がついたので、最初から画面キャプチャをやり直していました。
  • 2.3.で画面キャプチャをテンプレートに貼って印刷したら、次のページのキャプチャの数ドット分が、前のページに印刷されてました。
    以前使ったテンプレートを再利用していて発生したので原因がわからず、空行を1行一律追加して対応していました。
  • 4.で作業内容と日付と名前を書きますが、見本とした日付をそのまま書いたり、急いで書いて後から読んだら汚すぎる字になったりして、再度書き直していました。

1.2.3はまだパソコン上の作業なので失敗してもリカバリーが早く済みますが、4.の手書きの部分は再度印刷して、まるまる1ページ分書き直しになるので、ストレスになります。

かかる時間を過去の経験から予想していますが、手書きの失敗までは予想しきれなくて、いつも予想が外れてしまいます。

 

作業内容くらいは、手書きから印刷に変わって欲しいです。

手書きの作業を間違わずできる人がうらやましいです。