ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

安城産業文化公園デンパークに行ってきました

スポンサーリンク

思い立って安城産業文化公園デンパークに行ってきました。
デンパークに行くのは、妻と結婚する前か後の寒い時期以来ということを覚えているだけで、何年前なのかも覚えていないくらいです。
子どもは初めてです。

ギリギリ間に合う

自宅から1時間で到着する予定でしたが、途中でコンビニに寄ったり、渋滞情報を信じて回避したらなかなか最短ルートに戻れなかったりして、1時間20分ほどで到着しました。
14時半近くに到着したので、満車の表示がされていても帰る人もいるだろうから空きがないかと、第1駐車場に入ると空きがあって車を停めることができました。

正門に向かっていると、快盗戦隊ルパンレンジャーと警察戦隊パトレンジャーのショーが始まる前の説明のアナウンスが聞こえました。

正門前でJAFの会員の割引はないのかと見ると、終わったとの表示がされていました。
未就学児は無料なので、大人2人分を購入して入園しました。

正門入ってすぐの水のステージで、快盗戦隊ルパンレンジャーと警察戦隊パトレンジャーのショーは行われていたので、ステージの客席に行きました。
幸い、少し見づらいですが日陰の席が空いていたので、そこに座ってショーを最初から見ることができました。

ショーの内容は、パトレンジャーの3人がギャングラーに操られてしまい、操られているのをルパンレンジャーの3人が結果として助けるという内容でした。
15時くらいにはショーは終わって、握手会が始まりました。
子どもは遊びたかったので、握手会にの列には並びませんでした。

後から子どもに聞いたら、ルパンエックスに会えると思っていたようです。
言われてみて、登場して3ヶ月も経ってまだルパンエックスが出てこないショーが行われているとは思いもしませんでした。

「風車の広場」の木製遊具は、5歳では難しいものも

風車の広場で遊ぶために移動して、スカイスライダー(ローラー滑り台)を滑りました。
最初のうちは前の子が行ったらあまり間隔を空けずに滑り始めていましたが、詰まってたびたび止まっていました。
4回目にはずいぶん間隔を空けて滑りだし、最後まで止まらずに滑っていました。
一緒に止まらないで滑ったためか、僕はお尻が痛かったです。

リーチ・フォー・ザ・スカイという遊具を見ると9歳以上となっていて、それでも子どもは挑戦して、上れるところから上っていました。
上るのはいいのですが、足元が見えない位置に足をかけるのが怖くて降りられなくなり、なんとか降ろすこともありました。

遊んでいるうちに、どこからどう上れば、滑り台で滑って降りてこられるのかわかり、渋滞しながら何度も繰り返していました。
年齢にあった他の遊具で遊ぶこともありましたが、物足りないようで、結局リーチ・フォー・ザ・スカイで遊んでいました。

毎度のセブンティーンアイス

16時15分に遊ぶのを切り上げ、正門に向かう途中でアイスクリームを購入しました。
セブンティーンアイス自動販売機でアイスクリームを購入するのが定番になっていますが、子どもは抹茶を選んでいました。
前回、前々回も抹茶を選んでいたはずで、少なくとも3回は抹茶を選んでいることになります。

f:id:AJYA:20181009231053p:plain
アイスクリームを食べ終えてから正門を出て、記念の写真を何枚か撮りました。
子どもがデジタルカメラを使って撮りたいというので、僕と妻を撮ってもらいました。
ほぼ初めての撮影で落とさないか心配でしたが、無事撮ることができました。


今回は短い滞在時間のため園内を周ることができませんでしたが、次回は午前から行って、園内を周ってみたいです。