ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

2018年度運動会に行ってきました

スポンサーリンク

台風24号の通過の影響で、子どもの保育園の運動会が土日の開催が中止になりました。
ajya.hatenablog.jp

平日に場所・内容を変更して、保育園の運動会が行われました。

狭い運動場で開催

保育園の運動場が狭いので、公園内のグラウンドを借りて毎年行われています。
平日に行うために、保育園の運動場に場所が変更になり、狭くなりました。
一番影響が出たのは保護者席で、赤組側はフェンスに近く狭かったです。
得点板も置くところがなく、フェンスに立てかけてありました。

晴れた空に若干の風がある天気で暑く、この天気が土日のどちらかにあればと改めて思いました。
f:id:AJYA:20181004052744p:plain

動きながらの撮影がしづらい

昨年の経験があるので、流れはわかっています。
保護者席の最前列に座れたのはいいのですが、徒競争のゴールした後に子ども達が集まるあたりだったため、開会式での子どもは反対側で、三脚で撮っていては、子どもの姿が撮れません。
結局ビデオカメラを持って移動して撮影しなければなりませんでした。
保護者席が狭いので、移動もしづらいです。

今年も1着

競技は7競技に減らされ、赤白の対抗の競技は4競技になっていました。
子どもは2競技目の徒競走で、昨年同様に最後の組で走り、全然勝てないと練習では言っていたのに、1着になっていました。
保護者席から見ていると1着には見えませんでしたが、横から見ている先生が判断しているので、間違いなく1着のようです。

年長さんのリレーは昨年同様盛り上がりました。
いい勝負だと思っていると、たまに転ぶ子や、バトンのパスに失敗して、徐々に差がついて勝負がつきました。

全体演技もまぁまぁ近い

全体演技は丸いシートを使った演技で、グループでのタイミングがそろわないと上手く膨らまない内容でした。
事前に小さいシートだとは聞いていましたが、場所までは聞けていなかったので、演技の場所が遠かったら、移動しなければなりません。
子どもがどの位置に来るのかと思いながら入場を見ていると、幸い近かったため、そのまま撮影をしました。

途中から大きい丸いシートも使いましたが、大きい丸いシートの方が難易度が高く、できるようになるまで苦労したことをエピソードとして話されていました。

同点の場合は決着をつける

赤白対抗の4競技のうち、年少さんと年中さんの徒競走、年長さんのリレーが終わった時点で、得点は赤組2点、白組1点でした。
最後の綱引きで赤組が勝てば優勝です。

綱引きは2回とも白組が勝ち、得点は同点となりました。
同点で終わらせるのかと思いましたが、2年前か3年前にも同じように同点の場合決着をつけたので、今年も同様に決着をつけるとのことでした。
再度年長さんのリレーが行われ、いい勝負でしたが、赤組が勝って赤組が優勝となりました。


平日開催となった場合、保育園の運動場が狭く、駐車場の確保も難しいので、七夕まつり発表会などと同様に、全体演技を学年ごとに入れ替え制で披露するだけかと思っていました。
縮小されたとはいえ、赤白対抗の競技もありで開催され、子ども達にとっては夏休み明けから練習してきた内容ができて、よかったと思います。