ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

メールソフトのエディタで書かず、テキストエディタで書いて転記

スポンサーリンク

メールで頻繁にやり取りしますが、何ヶ月か前から、メールを書く際は、一旦テキストエディタで書いてからメールソフトのエディタに転記するようにしています。
一見まどろっこしいことをしている理由は、テキストエディタで書いた方が書きやすいからです。

メールソフトには、Becky!を利用しています。
Becky! Internet Mail - 有限会社リムアーツ

これまではBecky!のエディタで書いていましたが、行の長さが一定文字数で自動で改行されるのが、文章を変更しなければならなくなったときに、改行を消して書き直してという手間が面倒になりました。
最初から文章を変更することなく書ければいいのでしょうが、短い定型の文章でないかぎり、確実にできるとは思えません。
一定の文字数で自動改行させない設定もできるのでしょうが、改行はして欲しいので設定を変える気はありません。

また、文字の置換のショートカットが僕が一般的と思っている、Ctrl+HまたはCtrl+Rではない点も使いにくさを感じています。

f:id:AJYA:20180928054217p:plain
unsplash-logorawpixel

テキストエディタが書きやすい

テキストエディタであれば、表示上は改行して表示していても、実際は改行はしていないので、文章を変更しなければならなくなっても、自動で入れられた改行を消すということもありません。
文字の置換のショートカットがCtrl+HまたはCtrl+Rなので、使いにくくもありません。


一手間を増やしているように見えますが、僕にとっては必要な一手間で、後々の手間を減らしています。