ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

IPv6を利用すると大容量?

スポンサーリンク

利用しているプロバイダのAsahiNetから案内状が届きました。
案内状と申し込みのためのページの両方に書かれていますが、IPv4IPv6を併用すると大容量になって速度が向上するように受け取れます。
IPv6ネットワーク 先行お申し込み|プロバイダ ASAHIネット |料金、接続品質、満足度で比較して選ばれるISP

フレッツ・v6オプションを利用するとあるので、そちらを見ても、「インターネットを経由せずNGNの網内で、お客さま同士がダイレクトに通信することを実現します。 」とあるだけで速度が向上するとは書かれていません。
flets-w.com

IPv6にすると、速くなると聞いたり見たりしたことがあります。
いろいろなサイトを読みましたが、IPv6を使っているユーザー数がまだ少ないためという相対的に速くなるようです。
4net.jp

f:id:AJYA:20180530092150p:plain
unsplash-logoimgix

なにも設定変更せず、追加費用なしで利用できるとのことなので申し込みました。
自宅のネットワーク機器が充実していないので、体感できるとは思っていません。
混雑の緩和にほんの少しでも繋がるのであればいいかという気持ちでいます。