ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

パソコン2台かディスプレイ2台が便利

スポンサーリンク

ディスプレイ1台で4Kの高解像度もいいなとは思いますが、そんな環境は用意できないので、パソコン2台を並べてMouse without Bordersを使って、キーボードとマウスを共有して、便利に使っています。
ajya.hatenablog.jp

パソコン2台のメリットは、片一方がなんらかの理由で再起動していても、もう片一方で作業できるというのがあります。
また、全画面表示が両方でできるので、余分なウィンドウを背面に隠して集中することができます。
ディスプレイが1台だと、PDFファイルの資料を参照しながらWordで資料作りをしようとすると、ウィンドウ同士を左右や上下に並べるか、ウィンドウを切り替えながらになります。
切り替えながらは面倒だし、ウィンドウ同士を左右や上下に並べるのは、なんらかの拍子で誤ってレイアウトが崩れてしまうとまた元に戻すのが面倒だったりと、好きではありません。

f:id:AJYA:20180502224637p:plain
unsplash-logoDomenico Loia

1台のパソコンにディスプレイ2台も便利です。
パソコン2台と同様に、ディスプレイごとに役割を持たせて作業ができます。
パソコン2台のときのように、データをコピーする必要もありません。
負荷がかかる作業を1台のパソコンで行って、負荷がかかる作業の間はもう1台のパソコンで別の作業をするということはできません。


表示領域が2台あるのはなにかと便利なので、ノートパソコンにはモバイルディスプレイを接続して2台にしたいです。