ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

データやファイルの更新依頼は極力1回で終わるようにまとめましょう

スポンサーリンク

最近あったのが、30分の間に複数のPDFファイルを3回もメールで送信されてきて、サーバーにアップロードされているPDFファイルを差し替えて欲しいという依頼でした。
他の作業をしている間に3回のメールは受信していて、古いメールから順番にPDFファイルを保存し、同じファイル名のPDFファイルが合ったら上書き保存して、サーバーにアップロードされているファイルを更新しました。

PDFファイル更新完了の返信メールを送ったら、またPDFファイルを差し替えて欲しいとのメールが届きました。


データの変更依頼があった場合は、3種類のデータの修正がありました。
あるデータの場合は全てのデータを入れ替えたほうが確実、あるデータの場合は手作業での更新が速い、あるデータの場合はSQLを作成して更新した方が確実と判断して更新しました。

更新が終わって確認していると、1種類のデータの1件だけの修正依頼が追加でありました。

f:id:AJYA:20180419130029p:plain
unsplash-logoCaspar Rubin

がっくりくる

作業が終わって面倒だったなーと思っているところに修正があると、がっくりきます。
またやらなきゃいけないのかよーと思って、腹が立つこともあります。
手間をかけてやらなければいけないことは一度で終わらせたいです。


こちらが作業をしなくて済むために、データの更新機能を用意して、僕がやらなくても済む様にすべきなんだと最近は考えるようになりました。
こちらがやることはシステムの開発であり、運用に関係することは依頼元にやってもらえるように、システムを用意して費用をもらえるようにしておくべきだと考えています。