ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

猫のキャラクターは考えるといろいろありますね

スポンサーリンク

今週のお題「ねこ」で、お題についての説明に「好きな猫のキャラクター」とあり、ふっと浮かんだのが「ドラえもん」です。
小学生の頃は30巻以上漫画を購入していた記憶があります。
小さい頃の体験は、何気ないときに影響が出てくる気がします。


子どもが生まれてからは、「ノラネコぐんだん」が気になるときがあります。
【シリーズ】「ノラネコぐんだん」 | 絵本ナビ

シリーズで最初に購入したのは、確か「ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ」だったと思います。
(全ページ読める)ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ|絵本ナビ : 工藤 ノリコ みんなの声・通販
何度も繰り返し読んでいました。


絵本つながりで「そこにはいないよ」が印象に残っています。
そこにはいないよ|絵本ナビ : 小池 龍之介 みんなの声・通販
いただいた絵本で、本屋で内容を確認していたら買わなかったでしょう。
独特の絵と文章の絵本で、初めて読んだときは、なんだこれはというのが正直な感想でした。

猫を飼ってみたい?

犬と猫のどちらかを飼いたいかと聞かれたら、室外で犬を飼いたいと言ってしまいます。
ノミやダニでアレルギー反応が出るので、室内で飼いたいという考えがなくなりました。

アレルギーさえなければ、下の写真みたいに猫を抱っこして頭を撫でながら、テレビを見ていたいです。
f:id:AJYA:20180227053649j:plain
Photo by Chris Abney on Unsplash

猫は気まぐれと聞くので、子どもと同じようにこちらが思っているのとは違う行動をされて、手を焼きながらも一緒に暮らしているんでしょうね。