ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

加湿空気清浄機の加湿フィルターを交換

スポンサーリンク

結婚してからずっとシャープの加湿空気清浄機を使っています。
使っているとたまに、フィルターの掃除をすべきとランプが点灯します。
これまで何週か放置することもありましたが、フィルターの掃除をしています。

夏場は加湿せず、空気清浄だけで使っていましたが、夏場に向けて加湿部分の乾燥を怠ったのか、加湿部分のフィルターに落とせない汚れがついてしましました。
加湿部分のフィルターに落とせない汚れがついてしまっても使っていましたが、健康上よくないという判断もあり、交換することにしました。

フィルターのみ型番がわかる

汚れ方がひどく、フィルターだけでなく、フィルターを支える枠も交換することにしました。
取扱説明書を見ると、フィルターの型番は、「FZ-C100MF」とわかりました。
f:id:AJYA:20180219055757p:plain
フィルターを支える枠はわかりまん。

検索してもわからなかったので、シャープお客様相談室のページで問い合わせをしたところ、
・品名:シャープ 加湿フィルター枠 A
 形名:280 138 0013
 価格:1,200円(税別・送料別)

・品名:シャープ 加湿フィルター枠 B
 形名:280 138 0017
 価格:1,400円(税別・送料別)

・品名:シャープ 加湿フィルター枠用 マグネット
 形名:202 373 0002
 価格:600円(税別・送料別)

※加湿フィルター枠AとBはセットでお買い求めください。
 マグネットにつきましては、今お使いいただいているものを
 付け替えてお使いいただけます。必要に応じで
 お買い求めください。

■マグネットの取付位置の確認
 http://www.sharp.co.jp/support/air_purifier/mt_doc/magnet_change.html

と教えてもらい、全て家電量販店で注文しました。

家電量販店で注文する際に、「軸」はどうするか確認されました。
「軸」のことは考えていませんでした。
そのまま使えると考えて、注文はしませんでした。

フィルターに説明書が付属している

家電量販店で注文したフィルター枠とマグネットは、注文してから2日後に入荷の連絡がありました。
フィルターはAmazonで注文して届きました。

加湿空気清浄機の説明書には、フィルターの交換方法までは書かれていませんでした。
どうやって「軸」を外すのかと思いながらフィルターを箱から取り出すと、フィルターの交換方法の説明が書かれていました。
説明の中に「軸」の外し方も書かれていました。
書かれている通り「軸」を外して、部品はそろいました。

フィルター枠にフィルターをはめ、マグネットも取り付け、もう一方のフィルター枠で挟んで、最後に軸を取り付けて終わりです。
作業自体はすぐ終わりました。

フィルターをカットするから仕方ないもの?

フィルターを箱から取り出して際に気になったのが、フィルター単体で端を押さえる構造になっていないためか、ぼろぼろと取れてきそうです。
フィルターの中にも、カットした際に出たクズが入っていました。
f:id:AJYA:20180219125124p:plain
形状の都合上、カットしてクズが出るのは理解できますが、クズが入っていることが気になってしまいます。

改善して欲しい点

  • 説明書に書いていない部品の情報を調べられるようにして欲しい。
  • フィルターの交換方法も説明書に書いて欲しい。
  • フィルター枠の梱包材が多いので、もっと簡素にして欲しい。


加湿しないようになったら、乾燥をしっかりして、これまでのような汚れた状態にならないようにしたいです。