ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

テレビの受信障害が発生しないように対策をしてもらいました

スポンサーリンク

以前700MHz利用推進協会の方がみえて、ケータイがアナログテレビの電波を利用する影響で、テレビに影響が出る可能性を知りました。
ajya.hatenablog.jp

念のための在籍確認

以前の記事の最後にも書きましたが、念のために訪問された方が、700MHz利用推進協会の方なのか、コールセンターに確認の電話をしました。
結果は在籍されていましたので、安心して確認と必要なら対策を行う日程を決めました。

フィルター追加で対策完了

当日は訪問された方と工事担当の方の2名でみえました。
作業の内容は、

  • アンテナが設置してある屋根上に、どこからあがるか確認
  • 屋根上にあがってブースターを確認
  • 同時にテレビの受信状況確認、電波のレベル確認
  • フィルター追加工事
  • フィルター追加後のテレビの受信状況確認、電波のレベル確認

という流れで大体40分くらいかかっていました。
電波のレベル確認後、書類にサインをしながら、疑問点を質問しました。

f:id:AJYA:20180212063109j:plain
photo credit: vik407 sintonizar via photopin (license)

疑問点

疑問に思っていたのは、
対策工事をしている家としない家があるというけれど、電波を出すようになるアンテナは、近所の田んぼの中にNTTドコモのアンテナではないのか。
近所の田んぼの中にNTTドコモのアンテナであれば、対策工事をした家より近い家が、対策工事の対象外になっている家があるように感じた。
という内容です。

訪問された方によると、700MHz利用推進協会から訪問するように指示をされているだけで、どこのアンテナからの影響を受けるという情報はもらっていないとのことでした。
同じように質問されてる方もみえるそうです。

この辺りは、中部電力の高圧線の影響でケーブルテレビにされている方が多いと聞きましたということと、電波のレベルが高いということを言われてました。
電波のレベルが高いというのは意外でした。