ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

過去のデータが表示されていた?

スポンサーリンク

お客さんから、システムのデータを確認すると、過去のデータが見えていると電話がありました。
データの内容については僕は素人で専門ではないので、過去のデータかどうかの判断ができません。
専門のお客さんが言っているのだから間違っていないだろうと思い、どうしたらそのようなことができるのかと考え始めました。
結果として、お客さんの見間違いで、最新のデータが表示されていると伝えられました。

なぜ誤認識されたのか

今回問い合わせがあったシステムは、

  1. 投稿者140人前後がデータを登録する。
  2. 協議して15人くらいのデータを選び出す。
  3. 選びだした15人のデータを専用のサーバーにコピーする。
  4. 15人が1回目のデータの修正をする。
  5. データをチェックする人が1回目に修正されたデータをチェックして、コメントを入力する。
  6. 15人がコメントに沿って2回目のデータの修正をする。
  7. データをチェックする人が2回目に修正されたデータをチェックして、コメントを入力する。
  8. 15人がコメントに沿って3回目のデータの修正をする。
  9. データをチェックする人が3回目に修正されたデータをチェックして、コメントを入力する。

という流れに沿って、データが更新されていきます。

f:id:AJYA:20180208055837j:plain
photo credit: markus spiske Test Bild via photopin (license)

今回は、3回目に修正されたデータをチェックした際のコメントで、1回目と2回目のコメントが反映されていないとなっていました。
コメントを読んだお客さんが、データを見たところ確かに1回目と2回目のコメントが反映されていないと誤認識して、電話がかかってきました。

電話中の数分間、あれこれ考えました。
修正前の過去のデータを保存しておく機能はないので、過去のデータが表示されるはずはありません。
可能性として考えられたのは、140人前後がデータを登録されたサーバーのデータを誤って表示してしまっていることですが、データベースの接続設定を変えるような操作はしていません。


お客さんと3回目のチェックをされた方で話し合われることになりましたが、なぜ1回目と2回目のコメントが反映されていないとコメントされるに至ったのか、気になります。