ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

いろいろな物に頼って体調を管理しています

スポンサーリンク

今週のお題「体調管理」で、まず心がけているのは、帰宅したらうがいと手洗いをすることです。
うがいには「イソジンうがい薬」を使い、手洗いには「キレイキレイ 薬用泡ハンドソープ」を使っています。
手洗いは食事の前にもしますし、子どもに鼻をかませた後にもします。

他にも心がけているのは、サプリメントを摂取しています。
摂取しているのは、DHCの「マルチビタミン」と「マルチミネラル」です。
パッケージに一日分として書かれている量を摂取しています。

多少ビタミンCを摂取し過ぎても、副作用で困ったことがないので、マツモトキヨシブランドの「ビタミンC」も摂取しています。
マツモトキヨシブランドの「ビタミンC」は、4粒で1日分なので、お昼に1粒摂取しています。

寒くなってくると、出かけるときは毎日「使い捨てマスク」を防寒も兼ねて使っています。
寝るときも「使い捨てマスク」を着けています。
今使っているマスクは、一日中使っていても耳が痛くなることはありませんでした。

最近最も気にしていて、最もできていないのが、「睡眠時間の確保」です。
7時間くらい寝ないと健康によくないとか読んだりするので、なるべく寝る時間を確保するように考えていますが、実際は寝ることができていません。

f:id:AJYA:20180117225342j:plain
photo credit: Arlington County clean hands via photopin (license)

喉に違和感を感じたとき

喉に違和感を感じたときは、まず最初に「のどスプレー」を使います。
いつでも使えるように、常にかばんに入れて持ち歩いています。
仕事のときは通勤かばん、プライベートではボディバックなどに入れ替えています。

「のどスプレー」と一緒に持ち歩いているのが、「プロポリスキャンディー」です。
匂いがそこそこするので、舐めることができる場面が限られてきますが、周りに迷惑がかからない車の中などで舐めています。

「ビタミンC」は、普段お昼に1粒摂取するようにしていますが、1日4粒摂取したりもします。


最近も喉に違和感を感じました。
対処したおかげでなんとか治りそうです。


一日中使っていても耳が痛くならなかったマスクはこちら。