ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

2018年の健康診断で印象に残ったこと

スポンサーリンク

毎年1回、会社からの指示で今頃の時期に健康診断を受けています。
年末年始の間に太ったからと、2月に健康診断を受ける人もいます。
僕は気にせずなるべく早く済ませることにしています。

2018年の健康診断で印象に残ったことを書いていきます。

  • 体重は増えているが、1kg増えたかどうか。
    2017年が一番痩せていました。痩せすぎなのは解消していません。
  • 心電図は3年連続異常と判定されている。
    問診のときに、身長に対して痩せているので、心電図の結果が異常と判定されていることを言われました。2016年から言われて依頼続いているので、気にしません。

f:id:AJYA:20180111054917j:plain
photo credit: Nottingham Vet School C0004P0073 via photopin (license)

  • 視力が悪い。
    昨年と変わっていないことに後から気がつきました。
    運転免許の更新の際には、眼鏡が必要になりそうです。
  • 腹部超音波検査に時間かかる。
    これまでこんなに時間がかかっていたかと思うほど、時間がかかっていました。
    問診では、腎嚢胞と肝嚢胞を言われて昨年と一緒です。
    他はいわれなかったので気にしなくていいのか、後から届く詳細な結果が書かれた用紙に追加で書かれることがあるのか、わからないので気になります。
  • 決められた時間までに食べていたのに、消化されず胃の中に食べ物が残っていました。
    バリウム検査の際に言われたした。
    消化に悪いものを食べていた意識はありません。
    もっと早く食べるか、消化されやすいものを食べなくてはならないようです。
  • バリウムがなかなかでない。
    当日は出ず、夕食前に追加の下剤を飲み、翌日の朝出ました。
    毎年、いつ出るんだと気にして疲れます。


詳細な結果が書かれた用紙は2週間以上後に届きます。
そこで今までになかったことが書かれているかもしれません。
気にはしたくありませんが、結果が届くまでは気になる日々です。