ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

2018年のおせち料理

スポンサーリンク

2018年のおせちは、これまでと同様にネットショップで購入しました。

購入したのは、3年連続で博多久松の「舞鶴」です。
今回は同じ博多久松の「春日」とどちらにするか悩みました。
2017年の「舞鶴」にあり妻が気に入った「やわらか干しトマト」が、2018年の「舞鶴」にはなく、「春日」にあったからです。
他にどんなものが食べられるか比べて「舞鶴」になりました。

壱の重
f:id:AJYA:20180102065758p:plain

弐の重
f:id:AJYA:20180102065837p:plain

参の重
f:id:AJYA:20180102065917p:plain

子どもが食べられるものがより増えている

今年は、壱の重からは、祝い海老、鰤照焼、明太マヨだし巻玉子、田作り、あい鴨ロース、伊達巻、オーロラカスタード包み、八女茶ロールケーキ、ガトーショコラを食べました。
弐の重からは、市松錦玉子、黒豆蜜煮、金団、栗甘露煮、胡桃蜂蜜和え、参の重からは、蛸の酢漬けを食べています。

予想以上に食べてくれて、食事のたびにおせち食べたいと言ってくれるのはありがたいです。

解凍は冷暗所と冷蔵庫で

18時以降到着で注文したら、ほぼ18時に到着し、冷蔵庫に入れられる状況ではなかったので、冷暗所に一時保存しました。
冷蔵庫に入れられるようになるまで3時間ほどです。
元旦の朝まで冷蔵庫に入れておき、確認したら、ちゃんと解凍されていました。


参の重からは子どもがあまり選ばらなかったので、積極的に選ぶようにしていきたいです。