ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

1週間の振り返り(2017/12/9〜2017/12/15)

スポンサーリンク

会社にいただいた梅干しをお昼ご飯にいただきました。
f:id:AJYA:20171216142424p:plain
全然酸っぱくなく美味しかったです。

  • 2017/12/9(土)
    保育園でクリスマス音楽会が行われたので行きました。
    子ども自身もそうですが、みんな一生懸命に頑張って歌ったり演じたりしていました。

ajya.hatenablog.jp

  • 2017/12/10(日)
    母の誕生日が近いので、ショートケーキを子どもと持って行きました。
    車の中で、おばあちゃんに言うことの練習をしてバッチリだと思っていたら、なぜか逆のことを言っていました。
    本番に弱いタイプかもしれません。
    ケーキを持って行ったあとは、ピアノを置けるように模様替えをしていいました。

ajya.hatenablog.jp

  • 2017/12/11(月)
    お客さんから計算が1合わないという連絡がありました。調べてみると、JavaScriptでの計算による誤差が発生していました。
    修正しましたが、6年近く稼働しているシステムで、これまで気づかれていないのは、偶然なのか気がついていないだけなのか、わかりません。

ajya.hatenablog.jp

  • 2017/12/12(火)
    行きはJR東海は止まっていて、帰りは運転再開していましたが、振替乗車票が配られていたので、名鉄に乗りました。
    当然混雑しているので、会社に着く前からぐったりしたくなるほど疲れました。

ajya.hatenablog.jp

  • 2017/12/13(水)
    システム作成の依頼をされた際の情報で、これは本当に正しいのかという内容がありました。
    これは正しいですかと質問して正しかった際に気分を害される可能性があったので、お客さんに必要な情報をくださいとお願いしました。
    なんどかやり取りする中でもお客さんは必要な情報を連絡しますと返事をされるばかりだったので、正しかったのかと思い始めた頃に、これはなぜこうなっているのかとお客さんと同じ支社の別の方から電話ありました。
    システム作成の依頼をされた際の情報のとおりで話を進めているので、システム作成の依頼をされた際の情報が間違っているんですねと話して終わりました。
    依頼をする際は、情報を正しく送ってほしいです。
  • 2017/12/14(木)
    お客さんから見積について連絡があり、お客さんが想定していた金額も知らされました。
    随分予算と違う結果になっていますが、お客さんが依頼元から情報をあまり引き出さず金額を決めたためです。
    機能を削ってもらって、費用を抑える以外予算に近づける方法はありません。
  • 2017/12/15(金)
    他の部署に依頼してあったシステムの動作確認を行うと、想定と異なる結果になりました。
    なぜこのような動作をするのかとソースコードを確認したら、難しく作りこんでいます。
    お客さんからの要望をそのまま受け入れると確かに作りこんだ内容になりますが、実現する方法はもっと簡単にあります。
    もっと簡単にする方法のアイデアと合わせて、他の部署に修正の依頼をしました。


1日に見積を6枚も作成する日もあったりで、毎日忙しいです。
そんな中で、予算と金額が合わないという連絡があり、なんとかならないかと言われても、予算内で作成すると言ってくれる会社を探して依頼すればいいのではないかと思ってしまいます。
連絡がある会社とは、いろいろあって印象が悪いので、無理をして値下げをして対応しようという気にはなりません。