ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

振替乗車票はなくせないのか

スポンサーリンク

12月12日に発生したJR東海東海道本線でのパンタグラフ及び電力設備の損傷による運休に巻き込まれました。
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000035909.pdf

当日の朝、会社に行くために駅に着くと長蛇の列で、何事が起きたのかと思いました。
列の先頭を見ると、JR東海の改札の前で駅員さんが振替乗車票を配っています。

長蛇の列の最後尾がどこかもよくわかりません。
列に並んだら、何分後に振替乗車票をもらえるのかもわかりません。
振替乗車票をもらうのを諦め、さっさと名鉄の改札へ行き自費で改札を通り、会社に向かいました。

会社に着く直前にYahoo!乗り換え案内アプリの運行情報を見て、状況をやっと把握しました。
f:id:AJYA:20171215123534p:plain

帰りは運転再開していましたが、大幅に運行本数が減らされていました。
運転再開後も、JR東海の改札近くの通路で駅員さんが振替乗車票を配っていました。
幸いすぐに振替乗車票はもらえる状態だったので、振替乗車票をもらって名鉄に乗りました。

定期券のICカードを使えば、振替乗車票はなくせないのか?

今回振替乗車票を片道だけもらいました。
そのためにJR東海から名鉄まで移動しなければなりません。
また、片道は振替乗車票をもらわず自費です。

振替乗車票を駅員さんが手渡しするのもあって列が長くなると思います。
振替乗車票を配るのを止めて、定期券のICカードであれば区間がわかるので、鉄道会社の垣根を超えて相互にやり取りして、改札を通過できるようにできないのでしょうか。
定期券のICカードもそれなりに普及しているはずなので、振替乗車票をもらうための長蛇の列も短くなるのではないかと思います。
定期券ではないICカードを使われている方や、切符を購入された方には、解決策になっていませんが、少しでもよりよくなる方向だと考えるので、検討して欲しいです。


会社に着く直前にYahoo!乗り換え案内アプリの運行情報を見て、なぜ通知されなかったのかと考えたら、ディズニーランドへ遊びに行く際に、Gmailアプリと一緒に、Yahoo!乗り換え案内アプリも通知されないように設定を変更したことを思い出しました。
ajya.hatenablog.jp
なにを変更したのか控えず、設定を戻さなかったため、今回の運行情報に気づきませんでした。