ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

自動化の恩恵で、メールが届いていることに気がつかない

スポンサーリンク

以前受信したメールを自動で振り分けて既読にする作業を、Becky!で行っていると書きました。
ajya.hatenablog.jp

記事の最後に

追加した設定によって、メールを受信すると、フォルダへの振り分けと同時に既読になるようになりました。 既読になるので、見る必要がないメールを受信した場合は、受信の通知もなく便利です。

Becky!でメールの振り分けと同時に既読にする方法 - ソフトウェア開発者の日常

と書いた通り、見なくていいメールは受信の通知がされなくなり、手間が省けました。

メールが届かない?

自動既読の対象にしたメールを送信するシステムは、今年4月いっぱいで運用が終了しました。
運用が終わって7ヶ月、12月からのテスト運用の段階を経て、来年2月から再度本番運用することが決まりました。

12月からのテスト運用に向けて動作の確認を実施すると、システム上は送信したメールが届きません。
システムからメールを送信しない設定をした記憶はありません。
システムの設定を確認しても、メールは送信するようになっています。

メールサーバー側でなにかトラブルでもあったのかと思い、設定作業の続きを行いました。
翌日になって、受信したメールを時系列順に確認すると、システムから送信したメールが届いていました。

f:id:AJYA:20171123060005j:plain
photo credit: kOoLiNuS☸ Sparrow App review - 029 via photopin (license)

なぜ時系列順ではメールの受信が確認できるのだろうと考えていたら、記事に書いた自動で振り分けて既読にする設定を思い出しました。
思い出して振り分け先のフォルダを見ると、メールが届いていて既読になっていました。


自動で振り分けて既読にする設定は、すっかり忘れていた設定でした。
設定作業の手順書の最初の注意事項に、

  • 受信したメールを自動で振り分けて既読にする設定をしてあるかもしれないので、メールが届ないと思ったら確認する

という記述の追加が必要そうです。