ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

うなぎを食べてきました

スポンサーリンク

うなぎをひつまぶしで食べようと思うと、すぐに思いつくのはあつた蓬莱軒です。
名古屋名物 ひつまぶし「あつた蓬莱軒」
有名だけあって混雑するのと、子どもがまだうなぎを食べられないので、子ども用の別の料理があるのかわかりません。

妻の友人から聞いた「うな神」は、子ども用の料理はありませんが、海老フライがあります。
大人はひつまぶし、子どもは海老フライという注文ができるので、行ってみることにしました。
j47.jp

予約して行くのが安心

8月6日(日)に予約なしで11時半頃行ったら、駐車場はいっぱいで停められず、諦めた経験があるので、今回は前日に予約しました。
ちなみに、お盆明けの8月19日(土)と8月20日(日)にも予約しようとしましたが、両日とも予約はなしで来店順に案内しているということでした。
繁忙期は予約のために席を空けておかないという運営をされているようです。

予約時間を開店時間にしたので、開店の少し前に着きましたが、既に何組か到着していて、ちょうど開店したところでした。
予約しておいたおかげか、子連れだからなのか、完全には仕切られていませんが座敷に通されました。

大人はひつまぶし(上)、子どもは海老フライと小ライスを注文しました。
子どもに海老フライ定食を頼もうかと思いもしましたが、梅ゼリーが少量のアルコールが入っているとのことだったので、単品の組み合わせになりました。
ホットペッパーにはクーポンがついていて、ひつまぶしなどが100円引きとなります。
www.hotpepper.jp

充分な量

f:id:AJYA:20170911234858p:plain
海老フライがまだ出されていない時点で、注文はお揃いですかと言われるというハプニングがありましたが、揃ったところで食べました。

おひつの中を4等分して、普通、薬味をいれて、お茶漬けでと食べていきました。
最後の1/4は、迷わず普通に食べていました。

子どもの海老フライも大海老が3本で、ボリュームがあります。
子どもは海老フライ3本と付け合わせのキャベツとトマト、ライスを半分くらい食べてお腹いっぱいになっていました。

テーブルにはソースを入れるような容器に入れられた、うなぎのタレが置いてあり、子どもが残したご飯も美味しくいただくことができました。


9月になってもタイミングによっては待ちが出ていたので、今後利用する際も予約するか早い時間に行くようにします。