ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

どれがより安全なの?

スポンサーリンク

スズキ自動車のディーラーの新聞折込広告に、安全技術について以下の記載がありました。
f:id:AJYA:20170829225951p:plain

左の2種類の方式と右の2種類の方式では、左の2種類の方式が歩行者も検知ができるので、より安全運転に寄与するのでしょう。
左の2種類の方式のどちらが、より安全運転に寄与するのかわからなかったので、Webサイトを見てみました。

単眼カメラ&レーザーレーダー方式

スイフトでの説明を見てみました。
www.suzuki.co.jp
自車速度が約15km/h~約100km/hの範囲で車を検知でき、自車速度が約15km/h~約60km/hの範囲で歩行者を検知して、前方衝突警報機能が作動するようです。
自車速度が約5km/h~約100km/hの範囲で車を検知でき、自車速度が約5km/h~約60km/hの範囲で歩行者を検知して、自動ブレーキ機能が作動するようです。
自動ブレーキ機能が自車速度が約5km/hから動作するのに、前方衝突警報機能が約15km/hからしか作動しないのか不思議です。
なぜどちらも約5km/hから作動しないのでしょう。

ステレオカメラ方式

www.suzuki.co.jp
自車速度が約5km/h~約100km/hの範囲で車と歩行者を検知して、前方衝突警報機能を始めとする機能が作動するようです。
機能によって作動する速度の違いはないようです。


これだけ見ると、ステレオカメラ方式の方が安全運転に寄与しているように見えます。
ステレオカメラ方式は以前からあった方式で、後から単眼カメラ&レーザーレーダー方式が出てきた気がします。
単眼カメラ&レーザーレーダー方式の方が、車両メーカーとしては安く調達できるのかもしれません。
ユーザーとしては、より安全な方式を安く装備して欲しいです。