ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

交通事故を起こす寸前だった怖さ

スポンサーリンク

今週のお題「ちょっとコワい話」で、怖い体験談です。

2016年12月のある夜、一人で車に乗っていました。
赤信号で停まっていました。

考え事をしていて、ふと前方の信号が変わったと思いました。
ブレーキを踏んでいた足を離し、アクセルを踏んで動き出した瞬間、目の前を車が通っていきました。

危ない!と思って、とっさにブレーキを踏んで停まりました。

なんて運転しているんだと思いました。

f:id:AJYA:20170809231415j:plain
photo credit: Curtis Gregory Perry Stoplights via photopin (license)

誤認していた

なんて運転しているんだと思った瞬間、自分の目の前の信号は、まだ赤でした。

青信号に変わったと誤認していました。

疲れていているのに考え事をしたためのようです。

とっさにブレーキを踏んだときにも冷や汗が出ましたが、赤信号に気がついたときには、あれで事故を起こしていたら、どうなっていたんだとさらに冷や汗が出ました。


以上が自分の誤認により怖い思いをした話です。
この記事を読まれた方は、同じ経験をしないようにしっかり信号を確認してください。