ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

納期が短い案件なのに、電話連絡がない人

スポンサーリンク

以前から何度も記事を書いている依頼元のある方の話です。

ajya.hatenablog.jp
ajya.hatenablog.jp
ajya.hatenablog.jp

担当のある方からメールが届きました。
内容は、以前利用したシステムを、表記を一部修正して利用したいということでした。

以前利用したシステムを、表記を一部修正したいだけなら簡単な内容だと思いながら、依頼元が用意したWebサイトを見ると、利用開始まで1週間ないことに気がつきました。

急いで見積を作成して依頼元に送り、了承されたので、作成に着手しました。

f:id:AJYA:20170727225345j:plain
photo credit: classic_film Patricia Neal, "Breakfast at Tiffany's" (1961) via photopin (license)

納期の短さを感じ取れない連絡

最近、同じ依頼元の別の担当の方からは、利用開始まで2週間以上あっても、急ぎで依頼したいと電話があったばかりでした。
同じ依頼元の別の担当の方のように、メールだけでなく電話でも連絡してもらった方が、初動が早くなります。

期間が短くてとか急ぎでなど、急ぎ対応して欲しい旨もメールには書かれていませんでした。


メールしておけば、断られずに作成してもらえると考えているのでしょうか。
今回タイミングがよかったので間に合わせる日程で作成できますが、そうでなければお断りしています。