ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

プラレールで初めて遊びました

スポンサーリンク

総合スーパーの一角でなにか催し物が行われているのは知っていました。
そちらには近づかないようにしていました。

ソフトクリームを買ったら結構斜めになっていて、駐車場の車にまで行く間に落としそうな気がしたので、仕方なく催し物の近くの椅子に座ってソフトクリームを食べました。
ソフトクリームを食べていたら、子どもが気がついて、そちらに見に行き、遊びたいと言い始めました。

f:id:AJYA:20170530055052j:plain
photo credit: nakashi Plarail Expo Tokyo 2016 via photopin (license)

初めてのプラレール

子どもが興味を持ったのは、タカラトミープラレールの催し物でした。
www.takaratomy.co.jp

プラレールの体験は無料だったので、遊ばせることにしましたが、既に組み立ててあるレールで遊ぶのを拒否して自分で作ると言い出しました。
アンパンマンのブロックのレールですら一周できるように作れないのに、プラレールならできるのか?と思いながら見ていると、どんどん広がるだけで一周しそうありません。

子どもにまかせていたらずっと終わらなくなるので、手伝うことにしました。

僕自身もプラレールは初めてでよくわかりませんでしたが、レールと踏切のパーツを組み合わせて1周できるようにしました。
それでは子どもは納得していないようでブロック橋脚を持ってくるので上下2段のレールにしました。

これでもまだ納得していないようで帰ろうとせず、ブロック橋脚を持ってくるので、3段にしたら終わりだよと伝えました。
3段のレールにして電車をそれぞれのレールで走らせて、やっと離れることができました。


時間がない状況だったので、長い時間遊ぶことはできませんでしたが、やってみると面白かったです。
電動で走らせることができるので、一旦走り始めれば、眺めていられるのもいいです。