ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

できたことよりできなかったことを思い出してしまう

スポンサーリンク

自宅に帰りふと仕事のことを思い出すと、できなかったことを思い出してしまうときがあります。
限られた時間の中でやりきれるようにと努力していますが、どうしてもできなくて翌日に持ち越しました。
持ち越した仕事のことを気にしてしまいます。

お客さんには迷惑をかけてはいません。
しかし、翌日に持ち越した分、翌日の仕事の量が増えることになるので、望ましいことではありません。
忙しい日々がさらに忙しくなります。

f:id:AJYA:20170330010008j:plain
photo credit: x1klima Woman and Grief via photopin (license)

書くことで解消する

1日の終わりに、今日の出来事を思い出してEvernoteに書き出すようにしています。
ajya.hatenablog.jp

合間合間を見て書くようにしていますが、全てを書き出せているわけではありません。
いつもと同じように途中までの状態から、続きを書き始めました。
これはこうできた、これはこうすべきだったのかも、この件は先方はあまり考えて無さそうなど、思ったとおりのことを書いていきます。

書いていくことによって、次第に持ち越した仕事のことを気にしなくなりました。
1つできなかったことを気にすることより、これだけできたんだから、なんとかなるという気持ちの方が強くなってきました。

なんとかなる、なんとかできると考えられ、気持ちを切り替えられました。
できなかったことを思い出すより、できたことを思い出して、ポジティブな心持を維持できるようにしていきたいです。