読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

子どもの頃に夢中で遊んだのは、ブロックやファミコンという思い出があります

スポンサーリンク

今週のお題「何して遊んだ?」で思い出すと、家の中での遊びを主に思い出します。

小学生の頃はブロック

何歳の頃に手に入れたのかわかりませんが、割と長い期間ブロックで遊んでいた記憶があります。
レゴのようないろいろな形状があるわけではなく、単純なブロックだったのでしたが、そこは想像力で補っていました。
白いブロックに色を塗っていた記憶もあります。

中学生の頃はファミリーコンピュータ

中学3年生になる春に、書店で参考書を購入した際のくじ引きで、任天堂ファミリーコンピュータが当たりました。
本体だけだったので、ソフトを別途購入しました。
購入したのがスーパーマリオブラザーズです。
スーパーマリオブラザーズ - Wikipedia

夢中になって遊んで、攻略本を見て初めて行き方を知って、さらに遊んでいました。

f:id:AJYA:20170222055612j:plain
photo credit: Mayu ;P RIMG0048 via photopin (license)

僕の子どもは、今はすごろく

毎日すごろくで遊んでいます。
寝る前に何回遊ぶと宣言し、4回遊ぶと宣言したら、2回は僕も参加しないと寝ないというので、急いで食事を済ませて遊んでいます。

プリキュアごっこでも遊んでいますが、おもちゃの関係なのか、魔法つかいプリキュア!ごっこになっています。
繰り返し見るのも、今のところ魔法つかいプリキュア!になっています。


すごろくは、百円ショップで売っているのをチェックしていますが、食事をした際に子ども用のおもちゃとしてもらったものが、意外に面白いです。