読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

バージョン管理を利用してソースコードの再修正を最短で終わらせる

スポンサーリンク

ある英語表記のシステムをベースに、英語表記の新しいシステムを作成しました。
お客さんからもらった情報を元に、必要な機能を新しいシステムに追加しています。

お客さんからもらった情報には、選択肢の参考にもなるサイトがありました。
参考になるサイトの選択肢は、チェックボックスになっていました。

ベースとなるシステムにはラジオボタンの選択肢がありました。
完全に消して新たに追加してもよかったのですが、ラジオボタンからチェックボックスに変更した方が時間がかからないので、修正しました。

f:id:AJYA:20170221054824j:plain
photo credit: Glenn Batuyong “We read to know we are not alone.” via photopin (license)

バージョン管理で復元を短時間で終わらせる

英語表記の新しいシステムを作成し、お客さんに見せたところ、表記の修正とともにチェックボックスで選択する項目を択一にしてほしいとの要望がありました。

選択肢の参考としたサイトは、チェックボックスだったので複数選べたのが、なぜ択一にしたいのかという疑問はあります。
その疑問は置いておいて、択一の選択肢にするにはラジオボタンにするのが確実なので、元に戻すのが無難です。

そのまま元に戻して、選択肢など見た目に関わる部分だけ修正するという方法もあります。
そうすると、見た目に関わらない部分が見た目と合わなくなるので、後から見たときにわかりにくくなります。

ベースとしてシステムをコピーした際に、バージョン管理ツールにコミットしてあるので、バージョン管理ツールで元のソースコードと最新のソースコードを比較しながら、必要なところだけ修正することにしました。

修正作業を始めて30分もかからず選択肢をラジオボタンに戻して、正常に動作するようになりました。


ラジオボタンからチェックボックスに修正する時間、チェックボックスからラジオボタンに修正する時間は確かに無駄になりました。
バージョン管理ツールのおかげで、チェックボックスからラジオボタンに修正する時間は最小限にできたと考えています。