読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

読み上げで聞いても違和感がない文章

スポンサーリンク

Pocketのテキスト読み上げについて、以下の記事を読みました。
cyblog.jp

テキスト読み上げの機能は、どれくらい前からあるのか忘れましたが、たまに使っています。

f:id:AJYA:20161212054804j:plain
photo credit: davidmulder61 Day 341. Reading. via photopin (license)

聞いてもいい記事は?

記事にもありますが、人物や固有名詞は、正しく読み上げるのが難しいです。
人物や固有名詞ではなくても、漢字の組み合わせで、読み上げられたのとは違う読み方が正しいときがあります。

人物や固有名詞ではないところで読みが違い、そこがなんて読むのが正しいのか気になってしまいます。
そのため、せっかく聞いているだけで読み進められるはずなのに、画面を見たくなってしまい、現在読んでいるところを見ていることがあります。

読んでいるところを見ているなら、あまり意味がない気がしてきていました。
それでも、いろいろな記事でテキスト読み上げを試していて、やっとこれならいいかと思えたのが、以下の連載記事です。
toyokeizai.net

読み違いがないわけでもありませんが、他の記事より気になることがありませんでした。
話し言葉をテキスト読みあげしているためかもしれません。
細かいところを気にしなくても、意味が理解できるからかもしれません。


こういったテキスト読み上げで聞いてもいいなと思える記事を見つけて、少しでも記事消化に役立てていきたいです。