読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

ポコポッテイトのキャラクターのショーを見に行きました

お出かけ
スポンサーリンク

今年の3月いっぱいで放送が終了した、「ポコポッテイト」のキャラクターショーに応募したら当選したので見に行きました。
www.nhk-character.com

物販は「ガラピコぷ〜」が主体

ロビーに入るとキャラクター商品が販売されていました。
今年の4月から放送されている「ガラピコぷ〜」の商品が主体です。
www.nhk-character.com
主体なのはわかりますが、2部制の第2部の開演前で、一部商品が品切れしていたようです。
まだまだ販売する商品なのだから、十分な在庫をもってきて欲しいです。

子どもは、空気で膨らむガラピコを選んでいました。
チョロミーとムームーが売り切れていたので仕方なしにというわけでもなく、他のものでもいいんだよと言っても変わりませんでした。
ガラピコ水がないと動けないんだよ、と以前教えてくれたのを思い出し、購入ほど気に入っているとは思っていませんでした。

うたのおねえさんは、おかあさんといっしょに出演している人ではないけれど

最初にNHKの職員の方の挨拶から始まり、続いてショーが始まりました。

ポコポッテイトの3人が登場して、続いてうたのおねえさんが登場しました。
まったく知らないうたのおねえさんなんだろうな思っていましたが、どうやら「おとうさんといっしょ」のなおちゃんのようです。
おとうさんといっしょ - キッズワールド NHK Eテレ こどもポータル

まったく関係がない人を選ばないんですね。

4人がずっと出演しているわけではなく、ポコポッテイトの3人だけのときとうたのおねえさんだけのときがありました。

うたのおねえさんはステージを降りてきて、客席の子どもとにこにこポーズをとることもありました。
ポコポッテイトの3人はステージを降りて客席に来ることはありませんでした。

ポコポッテイトの3人がステージ袖にさがったときは、てっきり客席に現れてくれるんだと期待していました。
客席に降りてきて欲しかったです。

子どもは立って身体を動かせる歌になると、通路に出て楽しそうに踊っていました。
「ブンバボーン」になると、普段は次の見たい番組を言い始めていますが、しっかり踊っていました。


物販とショーの演出内容は気になりましたが、子どもは楽しく時間を過ごせました。