ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

5度目の魔法つかいプリキュア!ショーを見てきました

スポンサーリンク

4週連続でハウジングセンターで行われる魔法つかいプリキュア!ショーを見てきました。

移動しながら昼食、そして寝てしまう

午後からのショーに間に合うようにと、午前中にでかけました。
途中、子どもが寝るパターンの行動を取り始めたので、このまま寝かせてしまい会場近くのお店で昼食にするか、寝る前にお店に入って昼食にするか悩みました。
悩んだ末、寝る前にガストに入って昼食にしました。

昼食後、すぐに寝てくれるかと思って移動していると寝てくれず、駐車場に到着する5分くらい前に寝てしまいました。

このまま起きなかったらどうしようかと思いながら、プリキュアにもうすぐ会えるよと起こすと、ぐずることなく起きてくれました。

子どもは飽きずに同じ内容を見る

ショーが行われる会場は、ステージの前にブルーシート、ブルーシートの後ろにベンチ、ベンチの後ろにテントがありました。
ブルーシートとベンチは屋根がないので日差しが遮られず、テントは日差しが遮られるけれど立ち見です。

テントからでは遠すぎて子どもにはステージが見にくいだろうから、ベンチに座ってショーを見ることにしました。

毎回同じ話の繰り返しですが、子どもは司会のお姉さんの声かけに合わせて、応援しながらショーを見ていました。
f:id:AJYA:20160913055143p:plain
風がたまに吹いたり、少し曇ったりしながらも、暑い中ショーを見ていました。

握手会は流れがいいけれど

ショーが終わった後は握手会がありました。
順番にプリキュアの3人と順番に握手をしますが、子どもが一番好きな「はーちゃん」と握手するはずが、前の子どもが少し遅かったためか勘違いされて、握手しないで次はこっちだよと送りだされてしまいました。
次々にこなしていると、こういうことが起きるんですね。
ちょっとだけでも間をあければよかったです。

握手が終わった後、物販の前を通りましたが、うちわが400円で売られていました。
前回抽選のガラガラがハズレでうちわが貰えていたので、参加すればよかったかなと妻が言っていました。

宝石すくいにチャレンジ

会場内で風船釣りと宝石すくいができたので、宝石すくいをしました。
妻が手伝って、なんとか5個すくっていました。


大人は飽きてきていますが、子どもと一緒にプリキュアの応援を楽しんでいます。