読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

保育園の説明会に参加しました

スポンサーリンク

私立保育園の説明会があったので、妻と子どもの3人で参加しました。
妻と子どもは、園庭解放で行ったことがありますが、僕は初めて行きました。

f:id:AJYA:20160911060528j:plain
photo credit: Irving Apartment Redevelopment | Hyde Park | St. Louis, MO via photopin (license)

早速遊び始める子ども

保育園に着いたら、園庭解放で勝手がわかっているからか、遊具で子どもは遊び始めました。
しばらくすると受付が始まり、建物内の見学ができるようになりました。

建物内の見学をしていると、小さなすべり台があったので、そこで遊び始めました。
他の子どもも遊んでいるので、順番に遊んでいるか見ていると、妻はたまたま隣になった人と話して、いろいろ聞いていました。

見学した保育園を知ったのは、妻の友人の子どもが通っていたからです。
妻は友人から保育園についてはいろいろ聞いて知っていました。
隣になった人からは市役所で相談した際に言われたことを聞いていました。

大人しくしてくれない子ども

それなりの時間遊ばせていると、説明会が始まるので会場に行きました。
会場に行くのが遅かったので、空いていた前の方に座って、説明を聞きました。

なにに力を入れて保育をしているのかや、かかる費用などいろいろ説明をされました。
子どもはその間大人しくしてくれず、妻にひっついて動き回っています。
説明会までにしっかり遊んでいて、この場所は遊んでいいんだと認識しているようです。

説明会が終わったと、聞きそこなったことを園庭解放のときにお世話になった保育士さんに聞きました。
肝心の入れるかは、市役所が決めることだけど、何年か前にあった希望者が多くて入れないということは、ここ最近ないので大丈夫ではと言われました。

はたから見たら年中から入園?

4月生まれというのもありますが、それ以上に身長が伸びているので、説明会に来ていたの子どもたちの中では一番背が高かったです。
1歳上と思われてもおかしくないくらいです。
たまたま階段で前の子が下りるのがゆっくりで、一段ずつなんとか下りていきますが、うちの子どもは手すりを持ってすたすた下りていきます。
普段忘れていますが、周りの子どもを見て、うちの子どもの発達の早さを改めて感じました。