ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

軽減税率対策補助金というのが公表されてました

スポンサーリンク

中小企業庁が3月16日に公表していました。
中小企業庁:軽減税率対策補助金の概要が公表されました

POSレジや受発注システムを導入する側と、POSレジや受発注システムを開発・販売する側の双方が申請できるようです。
軽減税率対策補助金

レジメーカー・販売代理店・ベンダーの皆様へ|軽減税率対策補助金

導入する側は、発注システムで上限1,000万円、受注システムで上限150万円、受発注システムで上限1,000万円の改修・入替費用補助がされます。
補助率は、改修・入替にかかる費用の2/3なので、受発注システムの改修に1,500万円かかったら上限補助されるということですね。


インボイスの対応まで含めると、既存システムの改修にはそれなりの時間がかかります。
既にインボイスに対応しているシステムはあまりないと予想されるので、軽減税率対象の商品を扱うシステムを開発している会社は、対応のために忙しくなりそうです。
NHK NEWS WEB 平成33年度からインボイス導入|どうなる?軽減税率 基本がわかる7のカード