ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

予期しない電話でざわつく

スポンサーリンク

ある仕事のサポート業務をしていると、全く予期していない電話がありました。
f:id:AJYA:20160310055623j:plain
photo credit: Frank Sinatra, On the PHone, Some Came Running, 1958 via photopin (license)

サポートの依頼元のさらに依頼元のトップの方からの電話で、依頼した内容と運用されているシステムが異なると言われて、依頼元の担当者を電話に出して欲しいとのことでした。
依頼元は別の会社なので、場所が異なる旨を伝えると、電話番号を教えて欲しいと言われたので伝えて電話は終わりました。

依頼元のさらに依頼元のトップの方からの電話がかかってくることが通常ではないので、大事にならなければいいがと思っていたところ、大事にはならずに済みました。

権威づけに弱い

「依頼元の依頼元のトップ」という権威に動揺して対応していました。
機嫌を損ねてクレームが入ってはいけないとも考えていました。

後から冷静に考えれば、相手も同じ人間で目の前にいるわけでもありません。
動揺せず、冷静に丁寧に対応していれば問題ない話でした。