ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

忙しいときほど基本を守ることをこころがける

スポンサーリンク

3月に入ってから忙しい日々が続いています。
週末にデータ登録の締め切りを迎えたシステムへの、データ登録のサポートに多くの時間を費やしていました。

f:id:AJYA:20160307055759j:plain
photo credit: Euston station via photopin (license)

そうなると、他の業務に一時的に手が付けられなくなります。
幸いなんとかなりそうだと見切りをつけられたので、大やけどになる前に手をつけて挽回はできそうです。

省略したくなる細かなことを省略しない

こういう状況になると、開発案件の管理シートや受注時の売上予定シートの更新を後で行いたくなります。
実際2日間ほど停めていますが、更新を再開します。
ピークは過ぎたとはいえ忙しい状況です。

少しでも他の業務を進めたいところですが、更新作業も必要な業務の一部です。
このまま更新を後送りしたからといって、すぐに問題にはなりません。
しかし、後からまとめて更新をしようとすると、一度に更新する量が多くなり、必要とする連続した時間の確保が難しくなります。
さらに、一度に更新する量が多くなると、更新漏れが発生するかもしれません。

メリットより、デメリットの方が大きくなりそうになってきたので、普段通りの手順を再開していきます。


こちらの記事に全面的に賛成です。
忙しいときほどルーチンをきちんと行うことをすすめる理由 | シゴタノ!