ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

キーボードの一部無効化と配置の入れ替え

スポンサーリンク

展示用のパソコンで、AltキーとF4キーの同時押しによるアプリケーションの強制終了や、WindowsキーとEキーの同時押しによるエクスプローラの起動を防ぐため、キーの無効化やキー配置の変更をしました。

アプリケーションで設定

キーの無効化やキー配置の変更は、「Change Key」というフリーソフトで設定しました。
Change Key - 窓の杜ライブラリ

キーの無効化やキー配置の変更を登録し、再起動すれば、設定した内容が反映されます。

設定には管理者権限が必要

一般ユーザーでも起動できますが、以下の警告が表示されます。
f:id:AJYA:20160223054552p:plain

警告が表示されても設定画面が表示されます。
アプリケーションのタイトルバーには、「ユーザー」と表示されます。
この状態で、キーの無効化やキー配置の変更を登録して再起動してみましたが、キーの無効化やキー配置の変更が反映されませんでした。
f:id:AJYA:20160223054610p:plain

アイコンを右クリックして「管理者として実行」を選んで起動すると、警告は表示されません。
アプリケーションのタイトルバーにも「管理者」と表示されます。
こちらの状態で、キーの無効化やキー配置の変更を登録して再起動してみると、キーの無効化やキー配置の変更が反映されました。
f:id:AJYA:20160223054601p:plain


左右のAltキーやWindowsキー、ファンクションキーを無効化や配置を変更できるので、AltキーとF4キーの同時押しを別の組み合わせにすることができました。