ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

Windows 8の使い勝手を補うために使っているアプリ

スポンサーリンク

Windows 7までのスタートメニューがなくて、使い勝手が悪いのをランチャーアプリで補っています。

Windows 7までのスタートメニューが、Windows 8.1では復活しなかったので、Windows 8のときに入れたランチャーアプリをそのまま使っています。
使っているのは、「CLaunch」というランチャーアプリです。

気に入っているところ

デスクトップ上で左ダブルクリックするか、ホイールのクリックで表示するように設定しているので、スタートメニューからたどるより、素早くアプリケーションを起動できます。

また、URLも登録できるので、ブラウザのブックマーク替わりにも使うことができます。
f:id:AJYA:20141109060227p:plain

登録の方法も、起動中のアプリをクリックして登録できるので、アプリのインストール先を知らなくても大丈夫です。
f:id:AJYA:20141109060241p:plain


Windwos 8だけでなく、Windows 7でも便利だと思うので、素早くアプリを起動したい人は一度試してみて欲しいです。