ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

似た作り方をしていると、ソースコードの流用が楽にできます

スポンサーリンク

ログイン画面を簡単に用意できました。
f:id:AJYA:20140805052010j:plain

初回はユーザー登録が必要で、2回目以降はログインしてもらうと1回目の情報を表示して、入力をなるべく減らそうという考えのシステムを作成しています。
初回登録時の動作が大体できてきたので、2回目以降のためのログイン画面を用意することにしました。

どのようなコードを書けばいいのかわかってはいますが、なるべく手早く作成すればいいか考えたところ、別のシステムで作成したログイン画面をコピーしてくれば、細かいところを直せば使えそうだと気づきました。

別のシステムで作成したログイン画面をコピーして、異なっている細かいところを修正して試したところ、思っていた以上にすんなり動作しました。

ログイン画面のコピー元は僕が作成していましたが、現在作成しているシステムは同僚が作成していたものを引き継いでいて、処理部分の構造が違っていましたが、なるべく合わせるようにしていたので、予想外に流用が簡単にできました。

手早くできるところは手早く済ませて、時間をかけるべきところに、時間をかけていきたいです。