ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

雛人形選び

スポンサーリンク

雛人形立春の頃に飾るようですが、未だに購入していませんでした。
3/3 【ひな人形】の由来と飾る時期 [暮らしの歳時記] All About


正月前後の広告で、どんなのがいいかは話していて、事前に妻が見てきた意見も合わせて、購入前に

  • 予算
  • 7段飾りではなく、親王飾り(お内裏さま、おひなさま)
  • 飾るたなに収納できるタイプか、ケースでそのまま飾れるタイプのどちらか
  • ピンクっぽい色づかい
  • 木目込人形は、顔つきがやわらかい感じなので、見て確認

という点を決めてお店に行きました。

1軒目は、赤ちゃん用品の店の雛人形売り場

予算からすると、

  • 木目込人形ではなく、ケースでそのまま飾れるタイプ
  • 木目込人形で、三段飾り(お内裏さま、おひなさま、三人官女)がケースでそのまま飾れるタイプけれど、人形はかなり小さい

のどちらかでした。
木目込人形の方は値札からすると予算オーバーでしたが、最終の値引き後の金額でほぼ予算の金額にはなりそうです。
木目込人形は、確かに顔つきがやわらかくていい感じです。
他で決まらなかったらこれにしようと思って、2軒目に行きました。

2軒目は、人形の専門店

1階と2階に分かれていて、どちらを見ても選べないかなと思っていたら、妻が木目込人形ではないけれど、他の条件にはあっているものを見つけました。
値札では予算オーバーでしたが、確認したら予算まで値引いてもらえたので購入しました。


今回見て思ったのは、七段飾り(お内裏さま、おひなさま、三人官女、五人囃子)を飾っていた実家は、すごいなということです。
当時は当たり前だったんでしょうね。