ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

メール配信は慎重さが必要

スポンサーリンク

幸い僕がやったわけではないのですが、ついうっかりやってしまいそうなのでメモしておきます。

お客さんが対象者に対して、ログインのための情報を記載したメールの一斉配信をされました。
BCCにこちらのメールアドレスを指定されたので、内容を読んでみました。

間違ったログインID

ここは、この書き方はイマイチだよねと思いながら、よくよく読むと、ログインのためのIDが誤って記載されています。

既に配信開始から10分は経っていて相当数を送信されていますが、訂正をしてもらわないといけません。
慌てて電話をして、誤りの内容を伝えて、訂正メールを送付してもらいました。

余分な文章

訂正のメールが配信されて、まだ未配信の方に、正しい記載がされはじめたので、内容を読んでみました。
訂正のメールに書かれていた内容が、削除されずそのまま残っています。
これはまた電話で連絡した方がいいのか?と思っていたら、数通だけで、残りは余分な文章は削除されて配信されていました。

まとめ

メールの配信は自動で行うと、数十~数百通になるので、送信前は慎重に何度も確認が必要だと、改めて思いました。