ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

ファイルのコピーは手動で行うべきか、プログラムを作って自動で行うべきか

スポンサーリンク

ファイル数によりけりですが、今回はプログラムで行いました。

f:id:AJYA:20130417163637j:plain

photo credit: wesleyneo via photopin cc

 

お客さんから、ある条件に該当するファイルだけ欲しいとの連絡がありました。

その条件に該当するファイルは、約30ファイルあります。

 

ファイルが保管されているディレクトリは、1100以上あります。

番号がディレクトリ名になっているので、探すのは大変ではありませんが、ディレクトリ内には欲しいファイル以外も存在しています。

 

プログラムを作れば簡単な作業

手作業では1時間半あれば確実に終わりそうだと見積ましたが、プログラムを作った方が、今後似たような要望を受けたときに対応しやすいと考えプログラムを作ることにしました。

 

デバッグしながらプログラムが完成し、動作させたところ、コピーするファイルが100MBを超えていたこともあって、全部のファイルのコピーに5分以上かかっていました。

 

今回学んだこと

プログラムを作ったので、全てが完了するまで待っていればよかったのは、ありがたかったです。

手作業をしていたら、コピー中のダイアログが複数になって、まだ終わらないのかとイライラしていたと思います。