ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

来年の手帳として、EDITを購入した

スポンサーリンク

以前手帳選びで悩んでいることを書いた。

手帳選びで悩んでいる - ソフトウェア開発者の日常

マークスのEDITを見たいと思っていたら、東急ハンズで売っていたので、2度見た結果 購入することした。

 

2日に楽天のマークスオンラインショップで発注し5日に届いた。

f:id:AJYA:20121205221152j:plain

 

手に入れてみて

2度見たこともあってわかっていたが、1日1ページタイプなので、ページ数が多くずっしりしている。

今使っている手帳と比べると、2倍近い厚さがある。

f:id:AJYA:20121206214503j:plain

左がEDIT、右がティーズディレクションダイアリー

 

比べるまで気がつかなかったが、EDITの方が若干幅が狭い。

見開き1週間タイプでは、狭くなると書ける面積が減ってしまうのでうれしくないが、1日1ページタイプなので、問題はない。

 

これもハンズで見てわかっていたが、英語ベースに日本語の祝日や六曜が書かれているのは、海外で企画されて、日本に必要な要素を追加されて持ってきているとかあるのかも。

どう使うか

1日1ページで書ける面積が広いので、ページの左寄りに予定、右寄りに実行予定のタスクを書くスタイルを考えている。

月間ページにも予定は書いて、1週間のスケジュールがなくなった分を補うつもりだ。

手帳のタイプが変わって心配していること

書くことがなくて、白紙ページが続かないか、1週間のスケジュールが一目で確認できなくて、不便ではないかと心配してしまうが、来年1年かけてじっくり使って、継続して購入するか、新しい手帳を求めるか決めていく。