ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

2年前のモデルでもまだ売ってる不思議さ

スポンサーリンク

自分からすると不思議なんだけど、他人からすると常識なのかも。

f:id:AJYA:20121014175359j:plain

 

秋になって、空気が乾燥するようになり、リビングでは加湿空気清浄機、寝室では加湿機を使い始めた。

寝室は、加湿機の能力と広さが合っていて、適切な加湿ができているが、リビングは、DKとも繋がっていることと、空気清浄がメインの加湿空気清浄機を使っているため、加湿が足らない気がしている。

 

加湿空気清浄機か加湿機を追加購入しようかと検討したときに、ジャパネットたかたの広告に、シャープの加湿空気清浄機KC-A50が24,800円で載っていた。

一番安いんだろうなと思って、他の広告を見ると、コジマでは21,800円で載っていて、在庫処分特価とも書いてあった。

 

ネットで買えば更に安いのかと思い、価格.comで見ると、17,800円で売っている。

KC-A50がランキング1位で、3位には、同じシャープのKC-Z45が14,800円で売っている。

 

KC-A50とKC-Z45は何が違うのかとシャープのサイトを見たら、KC-Z45が2010年モデルで、KC-A50が2011年モデルということがようやくわかった。

 

KC-Z45 | 加湿空気清浄機/空気清浄機:シャープ

KC-A50 | 加湿空気清浄機/空気清浄機:シャープ

1年の違いで何が違うか見比べたが、省電力性能が違うことくらいしかわからなかった。

前年のモデルは、新型が発表される前には生産が中止され、在庫がなくなったら販売されなくなるものだと思っていたが、価格.comでは扱っている店舗が20店舗近くあるでの、在庫というわけでもなさそう。

 

前年モデルでも生産をしているのか、余剰に生産してしまったのかどっちなんだろ。