ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

資料作りは分割して少しずつ進める

スポンサーリンク

小分けするのが重要。

f:id:AJYA:20121010205837j:plain

photo credit: bubbo.etsy.com via photopin cc

 

お客さんとのやり取りは、基本メールの文面だけで済ませるようにしているが、見積を補助するための資料が必要なときがある。

 

そんな資料を作成するときは、作成作業を分割して、毎日作業して仕上げるようにしている。一気に作ることはしない。

毎日作業する理由は、

  • 毎日作業するように分けているので、多少作成が遅れても、翌日の作成作業でリカバリーできる機会が生まれる。
  • 毎日作業していると頭の中に資料のことが残っているので、前日気がつかなかった必要なネタに気づいて、前日の内容を加筆・訂正する機会が生まれる。
    寝かせて熟成させられるということにつながっている。
  • 体調不良等で作業できなくても、残りの日にできなかった分を割り振って、リカバリーする機会が生まれる。

 というところ。

期限ギリギリでまとめて作ろうとしていたら、遅れが発生したらアウトだし、必要なネタに気づけなくて、情報不足になることもある。

 

資料作りに限らず、仕事を分割して毎日進めていれば、なにかあったときにリカバリーできると余裕を持てるようになる。