ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

メールを書くときに気をつけていること

スポンサーリンク

簡単なことだけど、ついついやってしまいそうになる。

f:id:AJYA:20120928220640j:plain

photo credit: the air we breathe. via photopin cc

 

メールで仕事で頻繁に利用して、お客様や社内とやり取りしているが、書いているときか、内容チェックをしているときに、気をつけていることがある。

 

それは、「思う」という言葉を使わないこと。

「思う」というのは、自分の中では、仕事上使うべきではない、あいまいな言葉という意識がある。

もし「思う」と書いていたら「考える」「予想する」等の、違う言葉に置き換えている。

これだけで、印象が違うと判断している。

 

自分の書いたメールに「思っています」と書いていて、内容チェックしているときに気がついて「考えています」と直すことが最近あったが、PC Onlineの記事に

責任逃れ!? 「思いますメール」にはご注意を:PC Online

とあったので、改めて仕事のメールでは「思う」という言葉は使わないようにしようと、この記事を書いた。