ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

7月はいろいろな仕事をした月だった

スポンサーリンク

月の前半は、やっかいな仕事をしていた。

お客さんに話を聞くと、3社相見積の予定が、1社辞退で2社見積になったので、辞退しないで欲しいと言われた。

競合相手には勝てる要素がないため、とんでもない金額で提示すればいいのだけど、それをしてしまうと、状況を知らない人達からは、悪く思われてしまうので、適度な金額を算出しなければいけなかったので手間がかかった。

f:id:AJYA:20120731213242j:plain

photo credit: khalid almasoud via photo pin cc

 

半ばは、2年くらいお付き合いのあるお客さんの改造案件の打ち合わせに行ったが、最後の見積提示で「定価ですか?」と聞かれる。

2年くらいお付き合いしてても、こういうリアクションかと思っていたら、最近別のお客さん2名から、相次いで値引きしてくださいと言われた。値引きできる要素がないので断ったら、見積金額そのままで発注されたけど。

とりあえず言ってみて、値引きしてもらえたらラッキーという考えなんだろうか。

f:id:AJYA:20120731213455j:plain

photo credit: Krikit ♥ via photo pin cc

 

後半は、新規のお客さん向けにPDFファイル出力プログラムを作成していた。

思っていた以上に時間がかかったので、着手を早くして、少しずつ進める意識をもっと根付かせないといけないなと反省している。

 

8月は、月末までに納品しなければいけないシステムが1件あるので、収まるように調整しつつ、他の仕事もこなしていけるように調整していかないといけない。