ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

コンプレックスは無いほうがいいけど

スポンサーリンク

あるコンプレックスに対して自分が取った行動について。

f:id:AJYA:20120726212801j:plain

photo credit: Warm 'n Fuzzy via photo pin cc

 

やまもとさをん(@sawonya)さんが書かれた以下の記事を読んで、コンプレックスでについて思ったことを書いていく。

コンプレックスを創り出しているのは何? 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】

 

自分が解消したコンプレックスについて

歯並びが悪いのを矯正で解消した。

上の真ん中の前歯の間が空いていて、右の歯は向きも 変だった。

 

10年くらい前、歩いているときに急に膝が痛くなり、その直前に歯並びが悪いとそういった症状が出たりするとテレビで見たばかりだったのもあり、矯正しようと決断して、2年ほどかかって今の歯並びになっている。

お金は随分かかったが、以前とは全然違う状態になって満足している。 

 

解消した後

以前は気にしていなかった他人の歯並びが気になるようになった。

歯並びがよくないなと思っても、そのことを本人に言うことはないが、どうしても目が向いてしまう。

 

コンプレックスを解消できたのはいいが、気になるようになってしまったのはいいことなんだろうか?

自分が言わなければ済むことだと思って、過ごしていくしかなさそうだ。