ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

トラブル時は、基本から確認をしていくのが解決への近道

スポンサーリンク

予想の範囲でおさまらないのがトラブルの原因というものかも。

f:id:AJYA:20120718212627j:plain

photo credit: coda via photo pin cc

 

ことの起こり

お客さんから、お客さんの社内に設置したWebシステムのログイン画面が表示されないと連絡があった。

 

電話でやり取りしながらの調査

Windows Server 2003Apacheを入れて動かしているサーバーなので、Windowsのタスクマネージャを開いてApache.exeが動作しているか確認してもらったら、動作している。

Apacheはサービスで動作しているので、サービスから停止と起動をしてもらった後に、再度Webサーバーにブラウザでアクセスしてもらっても、以前と変わらずログイン画面が表示されなかった。

 

原因が検討つかない状態だというのをお客さんに伝えたところ、お客さんの社内のネットワークの管理者に、最近設定を変えたか確認してもらうことになった。

 

お客さん社内の調査結果

座席の移動があって、パソコンからLANケーブルを抜いたままにしていたために起きていたとの連絡が、5時間後にあった。

 

今回学んだこと

まさかパソコンからLANケーブルを抜いたままの状態というのは、予想できなかった。

最初に、Yahoo!のトップページとかは見れてますよねと確認すれば、無駄な時間を使うこともなかった。